ここから本文です

カープOB山崎健さん「夢はカープとロッテの日本シリーズ」 千葉でリラクゼーション店経営

6/18(火) 14:00配信

デイリースポーツ

 広島東洋カープに91年から11年間在籍し、96年にはサイドハンドから繰り出すキレの良い球を武器に、4完封を含む9勝を挙げる活躍を見せた山崎健さん(46)。その後、ロッテに移籍し、07年に現役を引退。現在は千葉市幕張の自宅でリラクゼーション(もみほぐし)の店を経営している。

【写真】現役時代の山崎健さん 光るメガネが印象的

 山崎さんの経営する「健s Treatment」は2016年1月にオープン。完全予約制で、全身をもみほぐしてくれる「リラクゼーション整体」と「足のオイルトリートメント」の2コースがある。元プロ野球選手の経験を生かした丁寧な施術が評判で、山崎さんは「選手時代は肩、肘、腰など故障ばかりでしたから、どうすれば体が楽になるかというツボは心得ているんです」と笑う。

 広島とロッテで通算17年の現役生活を送り、引退後はロッテの投手コーチ補佐も務めた。退団後、1年間、介護の仕事に就き、その後、全国展開するリラクゼーションの店に就職した。「知人から『選手時代に病院の先生やトレーナーにさんざん体を診てもらったんだから、今度は診る方になってみては』と言われ、それも面白そうだなと思って、この仕事を選びました」。さらに別の店でも“修行”し、しっかりとした技術を身につけて3年前に独立した。

 カープには関東一高から90年度ドラフト4位で入団。ブレークしたのは6年目の96年だった。前年夏にオーバースローからサイドハンドに転向したことで変化球の曲がりが良くなり、先発ローテに定着。小気味よい投球でリーグ最多タイの4完封を含む9勝を挙げる活躍を見せた。「お手本にしたのが(巨人エースの)斎藤(雅樹)さん。お手本というより物マネといった方がいいかもしれません。何度もビデオを見て必死に斎藤さんのフォームに近づけようと努力しました」。5月の巨人戦では、その“本家”にも投げ勝ち、4安打完封勝利を飾った。

 だが、その後は故障もあって振るわず、00年に6勝3セーブを挙げたものの、01年に戦力外に。翌年、拾われたロッテで再び大きな花を咲かせ、リリーフ陣の一角として実働4年間で128試合に登板。05年にはリーグ優勝にも貢献した。

 カープには11年間在籍。「練習は厳しかったですけど、紀藤さんや西山さんら先輩にもかわいがってもらって、楽しいこともたくさんありました」と懐かしむ。緒方監督との思い出もある。「普段は投手と野手ってほとんど接点がないんですけど、偶然、緒方さんと街で会った時はごちそうしてもらいました。すごく怖いんですけど優しい先輩でした」。

 野球への情熱も持ち続けている。今年4月に都内の野球スクール「パムズベースボールアカデミー」と契約し、講師として少年野球を指導している。自身の店でもお客さんと野球談義で盛り上がることが多く、球界の裏話を楽しみに足を運ぶ人もいる。

 店にはカープ時代のユニホームやプロ初勝利のウイニングボールが飾られている。昨年もカープOB会に出席するなど、広島を離れて18年たった今も“カープ愛”が消えることはない。「リーグ4連覇は間違いないと思うので、今年こそ日本一をかなえてもらいたい」と熱いエール。「夢はカープとロッテの日本シリーズです」と、古巣同士の対決を熱望していた。(デイリースポーツ・工藤直樹)

 ◆リラクゼーション整体「健s Treatment」 千葉市花見区幕張町5の236の1の101(TEL090・3008・3781)。場所はJR幕張駅、京成幕張駅から徒歩10分。

最終更新:6/18(火) 15:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ