ここから本文です

浅田真央さんの愛犬エアロ 14歳もまだまだ元気!かつてはアイスショーで共演も

6/18(火) 17:39配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が18日、都内で行われた寝具メーカー・エアウィーヴの新商品、新CM発表会に、トイプードルの愛犬エアロとともに出席した。同社はエアロが名前の由来となった小型のペット用マットレス「エアロウィーヴ」を発売。CMでも久々に共演したエアロとともに登壇した真央さんは、CMの完成版を初めて確認し「エアロ、かわいい~!ごめんなさい、親ばかで」と、満面の笑みを浮かべた。

 今年14歳となったエアロは、まだまだ元気いっぱい。真央さんに「エアロ~」と呼ばれて登場すると、しっぽを振りながら元気いっぱいに登場。高岡社長、司会の女性のもとにも駆け寄り、あいさつする“優等生”ぶりを見せた。人間でいえば、70歳を超える高齢となったが、時折、ベッドから飛び降りるなど、やんちゃなところも見せた。

 真央さんが05年の世界ジュニアで優勝した際に、ご褒美として飼い始めた愛犬。07年には一緒にアイスショーに出演し、「オズの魔法使い」を演じたこともある最愛のパートナーだ。「小町」、「ティアラ」という双子の娘も誕生している。会見に一緒に登場するのは「初めてじゃないかな」と、真央さん。「生まれた時から知っているので、子どものような感じ。エアロは結構ヤキモチ焼きで、他の子たちに構ってると、エアロが吠えます。“私にかまって!”って」と、エピソードを明かした。

 今回の商品はエアウィーブ歴10年となった真央さんの“直談判”で実現。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)の秋田犬の愛犬マサルへ同社が専用マットレスをプレゼントしたことが話題となり、高岡社長に「社長、マサルよりエアロの方が100パーセント長くエアウィーヴを愛用してますよ!」と、アピール。社長が快諾し、小型犬用のマットレスが実現した。

最終更新:6/18(火) 17:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ