ここから本文です

ラルクHYDE 漫画家志望の過去を回想…投稿も「少年サンデーとかに送ってた」

6/18(火) 20:16配信

デイリースポーツ

 ロックバンド「L’Arc-en-Ciel」のボーカル、HYDEが18日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」に出演し、漫画家志望だった過去を振り返った。

【写真】HYDE 南海電鉄の無料情報誌に登場 増刷対応もプレミア必至

 進行役で17年来の親友というDAIGOに「そもそも学生時代とか、何になりたかったとかって」と質問されたHYDEは「僕もうホントにちっちゃい頃から絵が大好きで、ずっと絵描いてきて、たぶん、音楽に出合わなかったら、漫画家になってたと思うね。姉ちゃん(DAIGOの姉で漫画家の影木栄貴さん)のライバルになってたよ」と答えた。

 「描き始めた理由は、『うる星やつら』が大好きで、ラムちゃんが大好きで、それでマネして描き始めた時から、こういうマンガ描きたいって思って」。

 「それからずっと描いてた。その当時、だから一番上手だったね。でも高校で、音楽に出合っちゃって、がらっと変わったのよ、人生が。(音楽に出合わなかったら)漫画家になってたと思う」と回想し、「(オリジナル作品も)描いてた描いてた。少年サンデーとかに送ってたよ」と、投稿少年だったことも明かした。

 番組ではDAIGOの似顔絵をムチャぶりされ、走る車中ながら、達者な腕前を披露。サインを入れてDAIGOにプレゼントし、DAIGOは「やった~!超うれしい。うわ~、すっごい」と、大感激していた。

最終更新:6/19(水) 11:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事