ここから本文です

巨人沢村 155キロ剛速球でオリックス打線ねじ伏せる

6/18(火) 20:24配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人-オリックス」(18日、東京ドーム)

 巨人・沢村拓一投手が、2点リードの七回に登板。不運な安打を1本許したが、慌てることなく、無失点に押さえた。

【写真】155キロ出た!ド迫力の沢村

 6番大城に対し、外角低めにズバッと決まる155キロの直球で見逃し三振。球場にどよめきが起こると、小田も直球で左飛。西野は遊撃への内野安打を許したが、伏見も外角低めへ決まる153キロの直球で見逃し三振。役割を果たした。

最終更新:6/18(火) 20:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事