ここから本文です

【阪神】斎藤が2軍戦で危険球退場「中村くんにすごい申し訳ない気持ちでいっぱいです」

6/18(火) 20:26配信

スポーツ報知

◆ウエスタン・リーグ 阪神3―4広島(18日・鳴尾浜)

 阪神のドラフト4位右腕・斎藤友貴哉投手(24)が8回、広島・中村奨の頭部に死球を当て、危険球退場となった。試合後、報道陣を通じて中村奨に謝罪した。

【写真】日本ハム・上沢 ライナーが左膝付近に直撃…救急車で緊急搬送

 「中村くんにすごい申し訳ない気持ちでいっぱいです。内角高めを狙ったのが抜けてしまいました」

 3点ビハインドの8回から登板。2死一、二塁の場面で1ストライクからの2球目、145キロ直球が頭部に当たってしまった。中村奨は試合中に救急車で病院に運ばれたため、この日直接謝ることはできなかったが、誠実な人柄の斎藤は申し訳なさそうに謝罪の言葉を絞り出した。決して故意ではないが、責任を感じ、何度も頭を下げた。

 広島・水本2軍監督は「残念ですね。でも、試合でこういうことは起こり得ること。向こうもわざとじゃないことは分かっている。軽症だと祈るしかない」と心配そうだった。

最終更新:6/19(水) 19:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事