ここから本文です

夫婦をつなぐクスッと笑える”海苔文字”弁当「年上の夫を楽しませたい」

6/18(火) 6:30配信

オリコン

 ここ数年、SNSで話題になる弁当ジャンルのひとつに“海苔文字弁当”がある。白米の上に海苔で作った文字でメッセージを添える弁当で、作り手の心情や親子関係などが垣間見えるところに面白みがある。そんな“海苔文字弁当”の先駆者のひとりが、主婦のあやさんだ。映画や楽曲のタイトルをおかずでもじったダジャレや、クスっと笑える一言を添えた愛妻弁当が話題となり、数々のメディアに取り上げられた。そんなあやさんに、改めてインタビュー。注目を集めてからの心境の変化、今なお作り続ける“海苔文字弁当”の魅力を聞いた。

【動画】ご主人も驚いた衝撃作から、SNSで話題になったあの弁当も…傑作「海苔文字弁当」

■ご主人のためのお弁当作りが、今では自身の楽しみに変化

――“海苔文字弁当”はご主人とのコミュニケーションのひとつとして始められたとうかがいました。

【あや】 主人とは知人の紹介でお見合い結婚したのですが、お互いのことをよく知らないまま結婚したので、新婚生活もどこかぎこちなくて(笑)。毎日作るお弁当に海苔で文字を書いて笑わせたら面白いかも…と思いつき、今から8年前に始めました。

――2014年にTwitterを始められるとすぐに「言葉のセンスが秀逸」「面白い」と話題となりましたが、注目を集めてから変化はありましたか?

【あや】 海苔文字の題材は、歳が離れている年上の主人を楽しませるため主人が青春時代に聞いた70年代~80年代の洋楽や邦楽をモチーフにすることが多いのですが、始めた当初は、ほとんど知らなくて。でも、今はフォロワーの皆さんが、おすすめの曲や歌手の経歴、楽器のことなど、さまざまなことを教えてくださるので、音楽の幅が広がりました。

――フォロワーの方がアイディアを(笑)。“海苔文字弁当”の人気の高さがうかがえます。

【あや】 お弁当をツイートするとその曲についてのリプライもたくさんいただくので、皆さんと音楽の話をするのが私にとって今、一番楽しみです。

――ご主人のために始めたお弁当作りが、今ではご自身の楽しみになっているんですね。ちなみに、最初に作った作品も音楽ネタだったんですか?

【あや】 一番最初は…忘れてしまいました(笑)。でも、はじめの方に作ったもので記憶に残っているのは、主人の働く会社の名前とロゴを海苔文字で書いたお弁当です。「とても上手だね」って笑ってくれて嬉しかったですね。

――会社のロゴ…なかなかシュールですね。職場での“海苔文字弁当”の反響をうかがっていますか?

【あや】 お昼時間になると、お弁当の写真を撮ったあと、海苔文字の上からふりかけをかけて隠して食べているとのことで誰にも知られていないと思います(笑)。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事