ここから本文です

トヨタ ヴォクシーは家族グルマとして悪くない選択だが割とヘビーな欠点が気になる

6/18(火) 7:11配信

carview!

家族で楽しむ道具としては悪くない選択

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第19回。今回の調査対象は2019年1月に一部改良が実施された「今、日本で一番売れてる車」ことトヨタ ヴォクシーだ。

>>ヴォクシー フォト集<<

「今、日本で一番売れてる車(登録車)」は、正確にはCMでおなじみの日産ノートである。だが「顔とかが違うだけ」とも言えるヴォクシー/ノア/エスクァイアの3兄弟を「結局は同じ車」として考えるなら、一番売れてる登録車はその3兄弟ということになるのだ。

軽自動車を含む無差別級でカウントするなら、さらに上にホンダN-BOXがいるわけだが、それはさておき、日本一売れている登録車3兄弟の長兄がトヨタ ヴォクシーである。で、さすがは日本国民にあまねく売れてる人気車だけあって、このたびの試乗車両であるヴォクシー HYBRID ZSに、ある1点以外の「重大な問題点」は認められなかった。

まぁ「走る歓び、操る楽しさ」のようなものは皆無に近いのだが、この種のミニバンにそういった要素を過剰に求めるのはナンセンスだろう。

「ビュッと加速してシュッと曲がる」的な走行は苦手であり、高速道路で追い越しのため100km/h以上のメーター読み速度まで上げようとすると、1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムからはボーボーモーモーと不快な音が押し寄せてくる。

だが日本の交通法規にのっとった速度で、大切な家族を後ろに乗せているつもりでジェントルに加減速しつつ、スムーズに曲がったり直進したりする限りにおいては何の問題もないのだ。背が高い車だが、慎重に走らせればユラユラもしない。

ヴォクシーというミニバンの正しい使い方、楽しみ方は――今さら言うまでもないだろうが――以下のとおりである。

走りのフィーリングうんぬんについての個人的な嗜好はとりあえず封印し、まずは安全第一、そして乗員の車酔い回避を第二としながら、粛々と走らせる。そして乗員全員で楽しくおしゃべりをしたり、お菓子を食べたり、ドライバー以外の乗員にはすやすや居眠りしてもらうなどして、家族とともに生きる歓びをかみしめる。そのための道具だと思えば、トヨタ ヴォクシーは悪くない選択だ。

1/4ページ

最終更新:6/18(火) 7:11
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事