ここから本文です

バルセロナ第2GKシレッセン、バレンシア正GKネトがトレード移籍へ

6/18(火) 0:16配信

GOAL

バルセロナとバレンシアが、GKのトレードを実現させようとしているようだ。

スペイン『RAC1』は、バルセロナの第2GKヤスパー・シレッセン、バレンシアの正GKネトがトレードされる可能性があると報道。そして『マルカ』が『RAC1』の報道通り、両クラブが交渉中であるとの確認が取れたとしている。

豪華すぎるメッシ、ベッカムらの豪邸…数十億円の家はまるでCGみたい!【43枚】

両クラブは今月中にも、トレード移籍の交渉をまとめ上げる見込みという。というのも、バレンシアは今季の決算であと3000万ユーロの収入を必要としており、ネト売却で同額を賄う考えとみられる。またバルセロナも同様の理由で今月中に6000~7000万ユーロの収入が必要となっており、シレッセン売却でその内3000万ユーロを確保するとのことだ。

なおバレンシアの正GKを務めてきたネトだが、今季終盤にはマルセリーノ・ガルシア・トラル監督との関係が悪化していた。そのためシレッセンに代わって、バルセロナでGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの第2GKを務めることを了承したとされる。

最終更新:6/18(火) 0:16
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事