ここから本文です

演習場の敷地外に自衛隊の迫撃砲

6/18(火) 19:03配信

静岡朝日テレビ

東富士演習場の上空で、訓練中だった自衛隊の輸送機から、演習場の敷地外に迫撃砲が落下しました。けが人はいませんでした。
自衛隊によりますと、正午過ぎ、東富士演習場で、習志野駐屯地所属の陸上自衛隊第一空挺団が、輸送機から物資を投下する訓練中に、梱包した81ミリ迫撃砲を、誤って演習場から外れた裾野市深良の山中に落下させました。
落下物に実弾は含まれていなかったということです。けが人や建物への被害はありませんでした。落下場所は演習場から5キロ以上離れていて、自衛隊が回収作業を急いでいます。
裾野市の高村謙二市長は「住民が不安を抱くことのないよう安全確保に万全の措置を講ずるように求めます」とコメントしています。

最終更新:6/18(火) 19:03
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ