ここから本文です

プログラミング教育で協定 渋谷区らが会見(全文2)プログラミングは楽しい

6/18(火) 9:10配信

THE PAGE

 東京急行電鉄と渋谷区に本社を置くIT企業4社(サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、GMOインターネット、ミクシィ)は17日午後、記者会見を開き、同区教育委員会と「プログラミング教育事業に関する協定」を締結したと発表した。

【動画】プログラミング教育事業で協定締結 東急電鉄と渋谷のIT企業が区教委と(2019年6月17日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「プログラミング教育事業で協定締結 東急電鉄と渋谷のIT企業が区教委と(2019年6月17日)」に対応しております。

     ◇     ◇

東急電鉄・高橋社長「ソフト面、ハード面からしっかりサポート」

高橋:東急電鉄の高橋でございます。一言ごあいさつ申し上げます。現在、東急グループでは渋谷の駅周辺で、駅前で大規模な再開発事業を展開させていただいております。ここにおきましては、世界に誇れるエンターテインメントシティー渋谷を目指してという大きな看板を掲げて、そこから新しいビジネスやカルチャーが発信できるような舞台、場づくりです。その場に集う人、あるいは企業が交わることで、さらに新たなものやことが生まれ続けるような、そんな渋谷らしいまちづくりを目指しております。

 さて、今回の協定の締結に関してですが、渋谷らしい多様性、創造性、つながりといったキーワードの下に、官民連携あるいは企業間連携ということで、次世代の人材育成、これらを新しい取り組みの中でやっていきたいと考えております。ICT教育で先端を行く渋谷区さまと、ここにおられます日本でも有数のIT企業さまと、私ども、多様性のあるメンバーが集まってこれからいろんなことをやっていくということで、ほかに類のないものになっていくと大変期待をしておるところでございます。ここからプログラミング教育が認知され、広がり、渋谷にとどまらず裾野が広がって、ひいては日本中の教育を牽引できるような、そんなことになればわれわれとしても幸いだと思っております。

 最後になりますが、この渋谷の位置から世界で活躍できる人材が切れ目なく次々に輩出される、そんなことを願って、われわれとしてはソフト面、ハード面からもしっかりとサポートを【させていただきたい 00:25:32】と考えておりますので、よろしくお願いいたします。私からは以上です。

司会:ありがとうございました。続きまして、株式会社サイバーエージェント、藤田社長、お願いいたします。

1/5ページ

最終更新:6/18(火) 9:25
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事