ここから本文です

独BMW、新型1シリーズを公開 FF化により室内スペースを大幅改善

6/18(火) 10:59配信

carview!

FRからFFへと大変身を遂げた第3世代の「BMW1シリーズ」(ハッチバック)がついに公開された。独BMWは5月27日、1シリーズのフルモデルチェンジを発表した。

>>新型1シリーズ フォト集<<

開発に5年の歳月を費やしたという新型1シリーズは、市場のニーズに合わせ5ドアモデルのみが用意され、3ドアの設定は見送られた。

ボディサイズは4,319mm(先代比-5mm)×1,799mm(同+34mm)×1,434mm(同+13mm)と縦横方向に拡大。これにより、従来モデルでライバルに対して不利だった室内スペースは大幅に改善し、特に後席はニールーム+33mm、ヘッドルーム+19mm、エルボールーム+13mmと大人が十分くつろげる空間となった。

また、1シリーズとしてオプション初採用となるパノラミックルーフを選択すれば開放感はさらにアップする。荷室容量も先代比20リッター増の380リッターとなり、後席を倒せば1,200リッターまで拡大するなど、ユーティリティへの配慮も万全といえるだろう。

一方、FF化による走行性能への影響はどうか。注目はリアサスペンションが全車マルチリンク式となり、エントリーレベルではトーションビームを使うライバルメーカーへの差別化を図った。

また、走りに効く先進のテクノロジーも満載で、エンジン直結のスリップコントロールシステム「ARB」がホイールスリップを緻密にコントロールしアンダーステアを減少させるほか、コーナリング時に内輪へブレーキをかけることでニュートラルステアに導く「BMWパフォーマンスコントロール」も装備する。

グレードとパワーユニットの構成は以下のとおりで、トランスミッションは6速MTもしくは8速ステップトロニックが組み合わせられる。

116d:1.5リッターディーゼルターボ(116hp/270Nm)/FWD
118d:2.0リッターディーゼルターボ(150hp/350Nm)/FWD
120d xDrive:2.0リッターディーゼルターボ(190hp/400Nm)/AWD
118i:1.5リッターガソリンターボ(140hp/220Nm)/FWD
M135i xDrive:2.0リッターガソリンターボ(306hp/450Nm)/AWD

実車は6月25日にミュンヘンで開催されるBMWグループの「#NEXTGen」イベントで世界初公開され、その後9月28日にマーケットローンチとのこと。国内発表を楽しみに待ちたい。

最終更新:6/18(火) 10:59
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事