ここから本文です

知らないと損する 自動車保険を見直すポイント

6/18(火) 18:13配信

ファイナンシャルフィールド

個人賠償責任補償特約

個人賠償責任補償特約はあまり気にされずに付けている方や付けていない方も多くおられると思います。

これは自動車事故ではなく、日常生活で起こった偶発的な事故で、他人を死傷させたり、他人の財物に損害を与えたりし、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる特約です。

契約者だけではなく同居されているご家族も補償の対象となっていますので、この特約を付けられた場合には、他の保険ですでに個人賠償責任補償が付いているものがないか確認してみてください。重複していた場合には、重複した補償をなくすことで保険料の節約にもなります。

車に乗っていない時の傷害の補償

自動車保険の傷害に対する補償は、自動車事故での怪我だけが対象ではありません。車で出かけて、車を降りている時の怪我や車で出かけていなくても日常で起きた怪我を補償している会社もあります。

スポーツやレジャーを楽しまれる方で、怪我の心配をされる方は多いと思いますが、特約で付けられ、ご自身だけではなくご家族も補償の対象になるような契約の方法もありますので、多くの保険に加入されなくても、自動車保険の特約を確認し、まとめるだけでも保険料の節約になる可能性もありますね。

まとめ

保険の見直しで保険料を抑えたいという気持ちは分かります。しかし保険料を下げるために必要な補償までそぎ落としてしまうと、事故があった場合などに自己負担の額が増えてしまう可能性もありますので、補償の省きすぎには注意しましょう。

執筆者:吉野裕一(よしの ゆういち)
夢実現プランナー

ファイナンシャルフィールド編集部

2/2ページ

最終更新:6/18(火) 18:13
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事