ここから本文です

ピエール瀧被告に執行猶予判決。証人出廷した専門家が指摘する「回復しにくい社会」の問題点とは?

6/18(火) 11:07配信

ハフポスト日本版

コカインを使用した罪に問われたピエール瀧(瀧正則)被告の判決公判が6月18日、東京地裁であり、裁判官は懲役1年6カ月、執行猶予3年を言い渡した。

5日の初公判に情状証人として出廷した国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦さんは、ハフポスト日本版の取材に「薬物使用者の回復支援のために必要なのは、社会の側から手を差しのばし、つながり、孤立させない工夫です」と訴える。

きょう18日の判決を前に、専門医の立場から依存症の治療に当たってきた松本さんに、メールで話を聞いた。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

「孤立している人が依存症になりやすい」

薬物などの使用に関する「物質使用障害」は、

「使用に対する自制心の喪失」

「社会的障害」

「危険な使用」

「薬理学的症状」

この4つのカテゴリーに分類される11の基準を元に、症状を診断する。

瀧被告は長期間使用していたと供述したとされ、使用する量や期間に関する1基準に該当するという。他の基準には該当しないことなどを理由に、松本さんは「依存症ではないと認識している」と初公判の場で証言していた。

「人が依存症になるかどうかは単純に使用期間や使用量では決まりません。『薬物を一回でもやったら依存症になる』というのは、明らかに嘘です」

「その人がどのような状況におかれているのか、どのようなしんどさや生きづらさ、あるいは、こころの痛みを抱えているのかで、依存症になるかならないかは変わってきます。とりわけ孤立している人が依存症になりやすいのです」

大切なのは「回復のための行動」

松本さんは、薬物依存の治療に携わる立場から、使用者にとって大切なこととして「回復のための行動をとることだ」と訴える。

「大切なのは、反省の態度を示すことではなく、治療プログラムを受けたり、自助グループに参加したりすることです。そのなかで、なぜそのときに自分がその薬物を必要としたのかを振り返り、今後の生活に生かすことです」

松本さんが所属するセンターが提供する治療プログラムは、薬物使用した状況やその時の心情、経緯などを質問形式で振り返る内容が含まれている。

プログラムが促す自己分析は、依存症でない人にとっても、生活に役立つものだという。

「日々のストレスや多忙な仕事、人間関係の悩み、自分のパフォーマンスへの自信のなさといったことが、日常の飲酒量や喫煙量、コーヒーや甘い物の消費量に多少とも影響を与えることがよくあるはずです。どこかで無理していたり、意地を張っていたり、誰にも相談したり頼ったりせずに孤独に歯を食いしばっていたりするときに、こうした精神作用物質の量が増えます」

1/3ページ

最終更新:6/18(火) 11:07
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事