ここから本文です

いずれは海外で活躍か クルーガー全弟サクセッションの★評価【2歳馬チェック】

6/18(火) 15:27配信

優馬

競馬専門紙「優馬」2歳馬チェック

6/16(日) 東京5R 2歳新馬 芝1600m
サクセッション 牡 馬体重:496kg
★★★★★★ 6点
騎手:福永 厩舎:(美) 国枝
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父キングカメハメハ
母アディクティド(Diktat)

好スタートからスムーズに好位へ。道中の折り合いも問題なく、直線を向いても余裕を持った仕掛けで前を捉えにかかる。減量を生かした2着馬が渋太かったものの、最後はこれを差し切ってデビューV。シャドーロールを着けているように、まだ走りに芯は入っていないが、余力十分の勝ちっぷりで、もう1段ギアがありそうだ。

■馬体診断
パドックでは小走り気味での周回だったが、決してウルさいタイプではなさそうで、初めての競馬だった分だろう。馬体はキッチリと仕上がっており、バランスの取れたシルエットながら成長の余地も残している。基本的には良馬場の方が良い。ベストはマイルだが、2000mまではこなせそう。

■血統診断
全兄にマイラーズCを制し、今春のオーストラリア遠征で現地の名牝ウィンクスの2着に入ったクルーガーがいる血統。母父Diktatは1200m~1300mのGI馬で、母系はスピード色の強い側面もあるが、キングカメハメハ産駒らしくマイル戦を中心にある程度の柔軟性はある。全兄クルーガーが体質面に不安のある馬だけに、その点は心配と言えば心配か。

馬券の狙い目→馬体や走りを見ると、古馬になってからというタイプだが、センスは高い。ベストはやはりマイル戦、コースを問わず安定して能力を発揮できる。

最終更新:6/18(火) 15:27
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ