ここから本文です

【動画】北海道~中国地方 雷雨に注意 南西諸島 非常に激しい雨(18日19時更新)

6/18(火) 18:49配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 19日(水)は、湿った空気や上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定となるでしょう。広い範囲でにわか雨や雷雨に注意が必要です。
 梅雨前線や低気圧が近づく南西諸島では、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

 水曜日は、梅雨前線や低気圧が近づき、日本付近に雲のもととなる暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。一方、上空には寒気が流れ込むため、広い範囲で大気の状態が不安定となり、午後を中心に雷雨となる所がありそうです。

 朝、通勤通学の時間帯は晴れる所も多いでしょう。
 午後は、昼過ぎ、夕方と、次第に雲が多くなり、北海道から中国地方の内陸部を中心に、雨が降りそうです。特に、東日本の内陸部では、雷を伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。落雷のほか、竜巻などの突風や、ひょうなどにも注意が必要です。
 夜、お帰りの時間帯も、関東北部などでは激しい雨の続くおそれがあります。

 また、梅雨前線や低気圧に近い九州南部や南西諸島では、雨の降りやすい状態が続くでしょう。局地的に、昼過ぎにかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。低地の浸水、土砂災害、河川の増水などにご注意ください。

 最低気温は北日本を中心に火曜日より高いでしょう。最高気温は火曜日と同じくらいか高い所が多い見込みです。関東から西の地域では、28℃前後まで気温が上がり、蒸し暑く感じられそうです。(気象予報士・宮崎由衣子)

最終更新:6/18(火) 18:49
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ