ここから本文です

警官に停止求められ、うその事件を通報…交通違反免れようと 容疑の男逮捕 県警43人で捜査も事件なく

6/18(火) 9:20配信

埼玉新聞

 交通違反の摘発を免れるため、うそのひったくり事件を110番し警察官の業務を妨害したとして、埼玉県の朝霞署は17日、偽計業務妨害容疑で、さいたま市大宮区三橋4丁目、自営業の男(32)を逮捕した。

峠を100キロ超で暴走、男女2人が車で競争 容疑で逮捕 カーブ連続40キロ規制、住民が県警に情報提供

 逮捕容疑は、4月3日午後2時55分ごろ、朝霞市本町2丁目の市道で、携帯電話で通話しながらトラックを運転中、バイクでパトロール中の同署員に停止を求められた際、「近くでひったくり事件を目撃した」などとうその110番をして、事件の捜査を行わせるなど業務を妨害した疑い。

 同署によると、男は運転中に携帯を通話しているのを警察官に目撃された直後、虚偽事件の内容を110番。県警は通報内容を基に警察官43人、パトカー7台、ヘリコプター1機を出動させ、事件捜査に当たったが、事件そのものがないことが分かった。

 男は「ひったくりを目撃したうその内容の110番をしたのは間違いない」と容疑を認めているという。

最終更新:6/18(火) 9:20
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事