ここから本文です

丘の上で育てられた約35キロのクロマグロ 市場の競りに 岡山市

6/18(火) 18:24配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山理科大学の養殖実験で、これまでで最も大きい35キロまで育てられたクロマグロが18日朝、競りに出されました。

 岡山市中央卸売市場に出荷されたクロマグロは2016年8月から岡山理科大学で好適環境水を使って飼育され、これまでの養殖実験で最も大きい約35キロまで育ちましたが、17日午前0時過ぎに死にました。

 競りにかけられたマグロは内臓を除いた、31.4キロです。5万240円で競り落とされました。

(競り落とした岡山生魚店/岡田次生さん)
「鮮度は良くて、脂もありそうな感じで魚体はしっかりしてましたね」

(岡山理科大学/山本俊政 准教授)
「我々の研究の区切りっていうのが、1つついたと思います。」

 マグロは寿司店に卸される予定だということです。

最終更新:6/18(火) 18:43
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事