ここから本文です

「散財あるある」6つの悪しき習慣 見直せたら1か月いくらの節約になりますか?

6/18(火) 17:02配信

マネーの達人

「お金が貯まらない」
「お金がない」

と悩んでいる人は、無意識のうちにお金を使う習慣が身についているのかもしれません。

そこで今回は「散財あるある」な習慣をあらためて見直していきましょう。

そして、「これは挑戦できそうだな」という組み合わせからはじめて、だんだんと増やしていけば余裕で月5,000円の貯金ができるようになります。

1. 朝の1杯をやめる

仕事へ行く前に、必ずコンビニでコーヒーやドリンクを買う人は、習慣を変えるだけでかなりの節約ができます。

1回に買う飲み物の金額が130円だったとしても、仕事が月に20日あれば2600円、25日間で3250円も節約できます。

朝の1杯をやめて、マイボトルを持つ習慣、もしくは次の項目で紹介する「ペットボトルを再利用」する習慣をつけましょう。

2. ペットボトルを再利用

仕事で疲れたときは、甘くておいしい飲み物が飲みたいという人も多いのではないでしょうか?

そこで、お茶や水など飲む量が多い飲み物と、リフレッシュ時に飲む甘いものは分けて準備しておきたいです。

でも、マイボトルを2つカバンに入れておくのはかさばるし、荷物になります。

そこでおすすめしたいのが、どちらかを使用済みペットボトルで持ち歩くということです。

ペットボトルを再利用していると悟られたくないという人も多いようなので、

・ 水のペットボトルには、水

・ 麦茶のペットボトルには、麦茶やほうじ茶

ドリンクも、同じ種類の2リットルから移すなど、色のよく似たものを入れる。

など、工夫するのがおすすめです。

ラベルを剥がしてしまったペットボトルは、ペットボトルホルダーなどを使えば、再利用していることを気づかれず使えます。

3. おやつタイムを減らす

仕事中に、つい食べたくなるお菓子…

けれど、1袋が150円だとしても、20回買ったら、3000円です。

お菓子をシェアする習慣がある場合には、買い控えをするのは厳しいので、業務用スーパーやダイレックス、ドラッグストアコスモスなどを利用して1円でも安く購入しましょう。

ほぼ割引のないコンビニ商品と比べると、40円~50円安いものは意外とたくさんあります。

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 17:02
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事