ここから本文です

ベイルのドイツ上陸はなし!? 代理人「バイエルン行きは嘘」

6/18(火) 18:24配信

SPORT.es

ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネットは『ESPN』に対して、「来シーズン、ガレス・ベイルがローン移籍によりバイエルンでプレーすることはない」と断言している。

バイエルンがハメス同様、ベイルをレンタル移籍で獲得希望

少し前にはニュースで「ジネディーヌ・ジダンの構想外にいるベイルの移籍先はブンデスリーガであり、具体的にはバイエルン・ミュンヘンである」と報道されていた。
一方バーネットは「それは嘘だ」と指摘。「バイエルン・ミュンヘンはベイルをローン移籍での獲得を理由に私へ接触を図ってきたことはない」とバーネット述べた。

ウェールズ人の現状はレアル・マドリーの主な問題の一つである。高額な契約を結んでいるベイルはマドリーからの退団を要求するジダンの構想には入っていない。しかし多くの理由がある中でマドリーも高額な移籍金を要求しているため、彼の契約を難航にさせている。

解決策の一つは、マドリーの幹部達がハメス・ロドリゲスをバイエルンに送り込んでいたようなオペレーションを再び行い、ローン移籍で同選手の給与を節約することである。ジダンはベイルを構想に入れていないものの、ベイルも簡単には移籍できず、大きな問題となっている。

SPORT

最終更新:6/18(火) 18:24
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事