ここから本文です

4失点完敗で痛感した南米王者チリとの差…柴崎岳「インテンシティの部分はもっともっと高めないといけない」

6/18(火) 10:14配信

GOAL

日本代表MF柴崎岳が、チリ戦後のフラッシュインタビューに応じた。

日本とチリは日本時間18日、コパ・アメリカ2019のグループC第1節で対戦。前半終盤にCKからエリック・プルガルのヘディングでチリが先制すると、折り返して迎えた55分にもマウリシオ・イスラの右サイドからのクロスにエドゥアルド・バルガスが合わせて2点目を奪う。さらに試合終盤の82分にアレクシス・サンチェスが頭で加点、直後にもバルガスが4点目を決めてチリが4-0の快勝を収めた。

超セクシーラテン美女続々!コパ・アメリカ出場選手の美人パートナーたち【19枚】

この大敗の要因について、柴崎は「大差の敗戦になりましたけども、客観的に分析する必要があると思います。良かった部分と失点の部分で何があったのかしっかりと分析する必要がある」と次戦に向けた改善の“材料”にすべきだと強調。

「チャンス作れていましたし、決定機もありましたので」と良かった部分を挙げつつ、「インテンシティの部分はもっともっと高めないといけないと思います。彼らの方が競り合いに関してもセカンド(ボール)の反応に関しても数段上だったと思いますし、そういった小さな部分というのが大きな差」だったと、振り返る。

最後に、次戦に向けて「次のウルグアイもチリと同様に強豪なので、しっかりとリカバリーして、何が悪かったのかというのを生かせるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

日本代表は次節、日本時間21日に強豪ウルグアイ代表と対戦する。

【コパ・アメリカ日本代表日程(日本時間)】※全試合DAZN独占配信
グループC第1節:6月18日(火)8:00~ 0-4 チリ
グループC第2節:6月21日(金)8:00~ vsウルグアイ
グループC第3節:6月25日(火)8:00~ vsエクアドル

最終更新:6/18(火) 10:14
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事