ここから本文です

1ゴールのアレクシス・サンチェス「日本は強いチームだったが…」

6/18(火) 12:11配信

GOAL

チリ代表のアレクシス・サンチェスが、4-0と快勝したコパ・アメリカ2019グループC第1節日本代表戦の試合後にコメントを残した。

超セクシーラテン美女続々!コパ・アメリカ出場選手の美人パートナーたち【19枚】

「チームメートを祝福したい」と切り出したサンチェス。この1カ月半ほど足首の痛みに悩まされていたという自身のコンディションについては次のように言及した。

「今までに感じたことのない痛みだったので、どういったものかは説明できない。家族が支えてくれて、代表チームではスタッフが全力でケアをしてくれた。おかげで十分なコンディションで今日の試合に臨むことができた」

自身のパフォーマンスについてはこのように語っている。

「前半の45分間は難しかった。息苦しさも感じるぐらいだったけど、後半に入るとリラックスした状態でプレーできるようになった」

日本のスピーディーな攻撃を受ける場面もあったが、サンチェスは自軍の守備についてこのように語っている。

「2015年の大会でも前線からの素早い守備が機能した。これはプロフェ(レイナルド・ルエダ監督)が求めるものでもある。今日も同じような観点で戦った。日本はスピードのある強いチームだったが、攻撃的な守備と素早い攻撃を心掛けることで、難しい相手に勝つことができた」

最後は最終節のウルグアイ戦に向けての意気込みも語った。

「ウルグアイも非常に強いチームだが、チームとして機能的に戦えば勝利をつかむことができるだろう」

最終更新:6/18(火) 12:11
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事