ここから本文です

チェルシーのランパード監督招へいは難航…ダービー会長「長期間残って欲しい」

6/18(火) 21:41配信

GOAL

新たな指揮官を探すチェルシーだが、フランク・ランパード監督の招へいは難航しているのかもしれない。英『スカイスポーツ』が伝えている。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

2018-19シーズンではプレミアリーグ3位でフィニッシュし、さらにヨーロッパリーグのタイトルも獲得したチェルシー。しかし、エースであるエデン・アザールがレアル・マドリーへと引き抜かれ、さらにマウリツィオ・サッリ監督がユヴェントス指揮官に就任することになるなど、大きな転換期を迎えている。

サッリ監督の後任を探すチェルシーは、チャンピオンシップ(英2部相当)のダービー・カウンティを就任1年目で昇格プレーオフ決勝にまで導いたランパードの招へいに動いていることが『Goal』の取材で明らかとなっている。複数メディアは、現役時代に数々のタイトルをもたらしたレジェンドを引き抜くため、数日前に交渉が始まったとも伝えている。

しかし、ダービー側はランパード監督に来季以降も指揮を託す考えのようだ。メル・モリス会長は「長期間残って欲しい」と明かしている。

「チェルシーの監督が退任したことを除けば、状況に変化はない。我々は全員に向かって明らかにしたが、最も重要なのはフランクだ。我々は彼に長期間残って欲しいと考えている」

「当面は、これからのシーズンに向けて我々のプランを継続していくために最善を尽くす。フランクと共にね。彼にはどれだけ自分のことが求められているか知って欲しい」

来季では補強禁止処分の可能性も囁かれるチェルシー。新指揮官探しは難航するのかもしれない。

最終更新:6/18(火) 21:41
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事