ここから本文です

乃木坂46ドキュメンタリー『いつのまにか、ここにいる』ポスター解禁 完成披露上映会も

6/18(火) 19:45配信

クランクイン!

 乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾のタイトルが、『いつのまにか、ここにいる DOCUMENTARY of 乃木坂46』に決定。併せてポスタービジュアルと完成披露上映会の概要が発表された。

【写真】西野七瀬&白石麻衣 「日本代表レベルで可愛い」2ショット


 本作は、2015年公開の『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』以来、4年ぶりとなる、乃木坂46ドキュメンタリー映画第2弾。初となるシングルミリオンセールスや、日本レコード大賞受賞など飛躍を果たした2017年から、史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、日本レコード大賞連覇を達成した2018年。そして、エース西野七瀬の卒業公演を経て、“令和”という新時代を迎えた2019年と、多くの貴重映像とメンバーたちの証言でつむいだ、乃木坂46の“いま”を知ることができるドキュメンタリー映画となっている。

 監督を務めるのは、CMやドキュメンタリーを数多く手掛ける岩下力。乃木坂46関連では、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物だ。先入観や遠慮、忖度は一切なく、乃木坂46のメンバーに寄り添い、彼女たちの姿を映像に収めた。

 解禁されたポスタービジュアルは、白石麻衣と2018年12月で乃木坂の活動を終えた西野七瀬の2人が抱き合っているカットを使用。2月に京セラドーム大阪で開催された西野七瀬の卒業コンサートで、2人のユニット曲「心のモノローグ」を披露するステージ裏でのワンシーンだ。上部には「乃木坂46に訪れた季節の変わり目の物語」というコピーが配置されている。結成から7年間、グループを牽引してきた2人がこの時どのような言葉を交わしたのかは、映画本編で明らかになる点も注目だ。

 さらに、本作の完成披露上映会が、6月25日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されることが決定。チケットぴあにて、本日6月18日18時から6月20日23時59分まで、先行プレリザーブ(先行抽選販売)にて受付中。詳細は、チケットぴあ受付ページにて(https://w.pia.jp/t/nogizaka46-cinema/)。

 映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日より全国公開。

最終更新:6/18(火) 19:45
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ