ここから本文です

馬場俊英「森大輔をレコーディングに呼んで大正解だった」

6/18(火) 16:00配信

Lmaga.jp

シンガーソングライター・馬場俊英が17日、FM COCOLO『MARK’E MUSIC MODE』に生出演。レギュラーDJ・MARK’Eの代打で登場したシンガーソングライター・森大輔と即興の弾き語りセッションを披露した。

お互いに、FM COCOLOでレギュラー番組を持っている馬場と森。実は、2018年9月に馬場が発表したアルバム『ステップ・バイ・ステップ』(ライブDVDが現在発売中)に森が参加するなど、音楽を通した交流があったという。

森はそのアルバムで、歌手・池田綾子とともに表題曲『ステップ・バイ・ステップ』に参加。レコーディング現場を振りかえった馬場は「ひとりで(池田綾子さんを)迎える自信が無かったんです」と打ち明け、「(森は)その場で、頭のなかだけで3声のコーラスを組み立てて作ってくれて。レコーディングに呼んで大正解だった」と絶賛した。



そんなレコーディングを再現するべく、ふたりは即興の弾き語りを披露。お互いに好きだというスティービー・ワンダーの楽曲『心の愛』を演奏し、息のあった歌声を聴かせた。そんな馬場は現在、バンド編成のツアー『落書きとマスターピース』を開催中。6月23日に愛知で千秋楽を迎えるほか、9月からは弾き語りツアー『遠回り』をスタートさせる。

また、この日DJをつとめた森は、7月から開催される新感覚ショー『NO BORDER』のテーマソングを手掛けるほか、ボーカルチーム・Unlimited toneとのライブ『5deli. Summer -2019-』(8月31日開催)に出演が決まっている。

最終更新:6/18(火) 16:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ