ここから本文です

オールスターのカイリーとケンバの去就に熱視線/2019注目FAトップ10(ポイントガード)

6/18(火) 18:00配信

バスケットボールキング

 トロント・ラプターズのフランチャイズ史上初優勝で幕を下ろした2018-19シーズン。NBAは今後、6月21日(現地時間20日)にドラフトが行われ、7月1日(同6月30日)からフリーエージェント(FA)戦線が幕を開けることとなる。

 今夏のFA戦線を前に、ここではポジション別の注目FAトップ10を紹介していきたい。第1弾はポイントガード。オールスター選手たちだけでなく、所属チームで先発を務める選手がズラリと並んでいる。
※所属は現地時間6月15日終了時点、チーム名は略称、参照データは『HoopsHype』

■2019注目FAトップ10(ポイントガード)
1.カイリー・アービング(セルティックス/プレーヤーオプション→破棄して制限なし)
2.ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ/制限なし)
3.ディアンジェロ・ラッセル(ネッツ/制限付き)
4.マルコム・ブログドン(バックス/制限付き)

5.ゴラン・ドラギッチ(ヒート/プレーヤーオプション→行使して残留)
6.リッキー・ルビオ(ジャズ/制限なし)
7.デリック・ローズ(ウルブズ/制限なし)
8.テリー・ロジアー(セルティックス/制限付き)
9.エルフリッド・ペイトン(ペリカンズ/制限なし)
10.パトリック・ベバリー(クリッパーズ/制限なし)

カイリーとケンバ、ラッセルが移籍の可能性あり、ドラギッチは残留へ

 今年オールスターに出場したカイリー、ケンバ、ラッセル(代替選出)がトップ3。いずれも今季平均20得点以上を記録したスコアリングガードである。カイリーはプレーヤーオプション(PO)を破棄して制限なしFAになっており、移籍が濃厚とされている。現時点ではカイリーがネッツあるいはレイカーズへ移籍、ケンバは再契約、ラッセルはカイリーがネッツと契約したら移籍、というのが大方の予想。

 とはいえ、カイリーはセルティックスと再契約という線も残されており、ケンバはアンソニー・デイビス獲得のトレードが合意に達したレイカーズを含む複数のチームが関心を示しており、ラッセルはペイサーズを筆頭に獲得を狙っているチームがいくつかあるという。

 ブログドンはバックスとの再契約が濃厚で、ドラギッチは『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者がPOを行使して残留することになると報じたことから、来季終了後に制限なしFAとなる。

 なお、ルビオは移籍濃厚、ローズも移籍を決断する可能性が十分あり、ベバリーも同様。ベバリーは故郷シカゴに本拠地を置くブルズとの契約も視野に入れている。ロジアーとペイトンは再契約を希望しているものの、前者はニックスが狙っており、ペイトンはデイビスとのトレードでロンゾ・ボールが加入したため、移籍する可能性がありそうだ。

■そのほかの主なFA選手
ダレン・コリソン(ペイサーズ/制限なし)
ラジョン・ロンド(レイカーズ/制限なし)
アイザイア・トーマス(ナゲッツ/制限なし)

1/2ページ

最終更新:6/18(火) 18:00
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事