ここから本文です

今夏大物FA獲得を見据えるネッツ、ホリス・ジェファーソンの来季契約を放棄してFAへ

6/18(火) 12:06配信

バスケットボールキング

複数のポジションをガード可能な24歳のマルチディフェンダーは移籍が濃厚か

 6月18日(現地時間17日)、リーグの情報筋が『ESPN』へ伝えたところによると、ブルックリン・ネッツはロンデイ・ホリス・ジェファーソンのクォリファイングオファーを放棄したという。

 キャリア4年目を終えたホリス・ジェファーソンは制限付きフリーエージェント(FA)となっており、来季約359万ドル(約3億8,772万円)のクォリファイングオファーを受け取る権利があったのだが、チーム側がこの権利を放棄したことで、今夏制限なしFAとなった。

 2015年ドラフト1巡目23位でポートランド・トレイルブレイザーズから指名されたホリス・ジェファーソンは、ドラフト当日に2対2のトレードでネッツへ移籍。今季までの4シーズンをネッツでプレーし、234試合(うち先発は147試合)に出場。平均23.6分9.9得点5.9リバウンド2.0アシスト1.0スティールをマーク。

 24歳のホリス・ジェファーソンは、201センチ98キロの体格を活かして複数のポジションをガードできる点が魅力なのだが、3ポイント成功率のキャリア平均は22.3パーセントと苦手としており、試投数は平均0.8本と本数も少ないため、マルチなディフェンダーという印象が強い選手。

 ネッツは今夏、ディアンジェロ・ラッセルが制限付きFAとなるものの、オールスター級の大物FAを2人獲得できるだけのキャップスペースを有しており、カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)の獲得を狙っていると複数の現地メディアが報じている。

 今夏ホリス・ジェファーソンは、ディフェンダーを求めているチームへ移籍することになりそうだ。

BASKETBALL KING

最終更新:6/18(火) 12:06
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事