ここから本文です

【MLB】田中将大、自身4度目の本拠地初完封に指揮官も最敬礼 「一流のパフォーマンスだ」

6/18(火) 12:06配信

Full-Count

自身4度目、今季初完封で5勝目をマークした田中をブーン監督が称賛

■ヤンキース 3-0 レイズ(日本時間18日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に先発し、今季初完封で5勝目(5敗)を挙げた。9回2安打10奪三振1四球の快投で、昨年7月24日(同25日)の敵地レイズ戦以来、メジャー自身4度目の完封にブーン監督も「一流のパフォーマンスだった」と絶賛した。地元TV局「YESネットワーク」が伝えている。

【動画】田中将大の10奪三振完封劇! 二塁踏ませぬ圧巻の投球ハイライト

 田中は3回まで完全投球、4回の先頭メドウズに右前打を浴びたが冷静に後続を打ち取り無失点。その後も快投を続け二塁を踏ませない投球でレイズ打線を2安打、10奪三振無失点と圧巻の投球を見せつけた。

 メジャー6年目にして本拠地初完封を挙げた田中は試合後に「まさかの良い方にまさかの結果が出てくれた」と謙遜していたが、ブーン監督は「そうは思わない。コンビネーションが最高だった。ファストボール、スライダー、スプリットの全てが今日の試合で生きていた。効率的に投げてくれたことが大きかった。シリーズ初戦で一流のパフォーマンスだった」と大絶賛。

 9回のマウンドに送り出したことを問われた指揮官は「(迷いは)なかった。まだ彼は本当に良い球を投げていたし、力強かった。出塁させていたら、チャップマンを登板させただろうが、彼があのような投球をしていたなら、続投させようと思った」と語っていた。

Full-Count編集部

最終更新:6/18(火) 12:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事