ここから本文です

【MLB】前田健太、投手としては驚異の打率.269に「打率が高いのをモチベーションに」

6/18(火) 17:20配信

Full-Count

ファンも前田の打力を称賛「その調子だよ、ケンタ!」

■ジャイアンツ 3-2 ドジャース(日本時間18日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、今季4敗目を喫した。今季14度目の先発マウンドに上がった右腕だったが、3安打2失点。立ち上がりに球数がかさみ、2回で54球。5回を投げ終えた段階で89球に達して、降板となった。

【画像】前田健太と同席の早穂夫人は和服姿、一方で同僚のピーダーソンのジャケットには「これはあかん」…チャリティーイベントの実際の写真

 2回に2点を失った前田。味方打線の反撃も及ばず、ドジャースは2-3で敗れて、前田は敗戦投手になった。序盤は投球フォームに狂いが生じて制球に苦しみ「投球フォームのバランスが悪くて狙ったところに行ってくれなかった。3回以降が修正できてコントロールできたので、1、2回だけ」と、試合後は振り返っていた。

 投球で苦しむ中、3回の先頭打者として立った第1打席では遊撃への内野安打を放った右腕。懸命に走ってセーフとなった。後が続かずに得点には繋がらなかったものの、登板2試合連続で安打を記録。「ヒットになる可能性がある限り一生懸命走らないといけないと思いますし、得点には繋がらなかったですけど、あそこから得点に繋がる可能性は高いと思って走りました」と振り返った。

 この日は2打数1安打となり、今季は26打数7安打、打率.269とハイアベレージを残している。元PL学園の4番打者を務め、メジャーデビュー戦で本塁打を放ったようにバッティングにも非凡さを持つ前田。「打った瞬間厳しいかなと思いましたけど、頑張って走りました。今、打率が高いので、それをモチベーションに頑張って走りました」と笑った。

 この日、1打席目に安打を放った段階で、打率は.280に。ドジャース公式ブログ「ドジャーインサイダー」は公式ツイッターで「ケンタ・マエダは今年少なくとも7本の安打を放っているMLBの5人の投手のうちの一人だ。彼は現在打率.280」と速報。すると、ファンからは「その調子だよ、ケンタ!」「キケやバーンズ、テイラーよりも良い」「日本の投手は打てる:ショウヘイ・オオタニ!!!!」と、前田の打力を称賛するファンのコメントも寄せられていた。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

最終更新:6/18(火) 19:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事