ここから本文です

【MLB】セーフティーバントで投前二塁打!? 痛快“シフト破り”にファン「もっとやるべき」

6/18(火) 20:41配信

Full-Count

カージナルスのカーペンターがシフトの穴を突くバントを決め…

■カージナルス 5-0 マーリンズ(日本時間18日・セントルイス)

 MLBで広がりを見せる、守備陣の極端な守備シフト。打者の打球方向をデータで分析し、一塁側や三塁側に守備陣を寄せる作戦は、今ではMLBの試合で珍しいものではなくなり、日本球界でもシフトを敷く球団が出てきている。

【動画】ガラ空きの三遊間をボールがコロコロ… セーフティーバントが投前二塁打になる一部始終

 そんな中で、カージナルスのマット・カーペンター内野手が、シフトの穴を突くセーフティーバントを決め、さらにはそれが二塁打になるという痛快な“シフト破り”を成功させて、話題になっている。17日(日本時間18日)に行われた本拠地でのマーリンズ戦。5回のカージナルスの攻撃だった。

 2死走者なしで左打席に立ったカーペンター。マーリンズ守備陣は一塁側に大きく寄る“シフト”を敷き、二、三塁間はガラ空きになっていた。1ボール1ストライクからの3球目。マーリンズ先発ヘルナンデスがボールを投じようとすると、カーペンターはすかさずバントの構えに切り替えると、三塁方向にやや強めのバントを決めた。

 三塁方向はガラ空きのため、もちろん内野安打に。しかし、これだけでは終わらなかった。やや強めの打球はコロコロと転がると、三塁の定位置を超え、左翼方向まで転がっていった。一塁側に寄っていたため、打球を追ったのは、マウンドにいた投手ヘルナンデス。打球に追いついた時にはカーペンターは二塁を陥れていた。

 この絶妙の策をMLB公式ツイッターも着目。「普段通りのバント二塁打… ちょっと待った、何だって?」として、動画でこのプレーを紹介すると、ファンからも喝采と絶賛のコメントが寄せられた。

「選手たちがこれをもっとやってくれたらいいなぁ」

「なぜ打者たちは毎回これをやらないんだ。僕には説明できないね」

「シフトを敷かれた時の打撃のお手本だよ」

「ついにシフトに対する打ち方を学習したか」

「一試合で最低三回は(このプレー)が起こるべきだな」

「三塁打になるはずだったね。誰も三塁をカバーしてなかったし、投手は息切れしていたからね」

「彼らはこれをもっとやるべきだ」

「やっとか!」

「素晴らしい! これをやる選手がもっと増えればいいのにね!」

 エンゼルスの大谷翔平投手に対しても敷かれることがある大胆なシフト策。ファンたちは、誰もが思っていた“シフト破り策”が実行されたことで歓喜の声をあげていた。

Full-Count編集部

最終更新:6/18(火) 21:41
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事