ここから本文です

ハミルトン、ストレートスピードの差を痛感。「フェラーリF1には敵わない」と現時点での遅れを認める

6/18(火) 19:15配信

オートスポーツweb

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、現在フェラーリは予選と決勝レースにおいてパワーユニットの特別なパワーモードを使用しているが、メルセデスのパワーユニットではそれに対抗できないと考えている。

【写真】F1第7戦カナダGP:今シーズン5勝目を飾ったハミルトン

 第7戦カナダGPでは、フェラーリが開幕から続くメルセデスの連勝を止めるかと思われた。しかしレース後半、首位を走行中だったセバスチャン・ベッテルが危険なやり方でコースへ復帰したとして5秒のタイムペナルティを科されてしまい、フェラーリは2019年シーズンの初優勝を逃す結果となった。

 このレースでベッテルの後ろを走行していたハミルトンは、「彼らはストレートで非常に速かった」と語った。

「間違いなく彼らには、今の僕たちにはない別のパワーモードがある」

「たとえ僕がDRSを使ったとしても、彼らは急にパワーを上げて、ストレート上で僕から離れていくんだ」

 フェラーリの持つパワーは、予選においても明らかだった。フェラーリのトップスピードは他のどのチームにも劣らず、メルセデスは、ストレート上ではフェラーリに対して0.6秒のロスがあると推定している。

「レースでも、彼らはストレートで突然ペースを上げていた。これが最も重要なことだ」

「パワーユニットに関して、明らかに彼らは良い仕事をしている。僕たちも作業に取り組まなければならない。現時点では、彼らの方が先に進んでいる」

 ベッテルに科されたペナルティは物議を醸すものだったが、それでもハミルトンは、今シーズン5勝目を記録したことに満足している。

「僕は適切な行動をしたと考えたい。スタッフは懸命に仕事をし、僕たちは素晴らしい結果を手にした」

「僕たちにはやらなければならない仕事がある。(カナダGPでは)フェラーリがどれほど速いのかというのを目にしたし、モナコでもそうだった。これからどうなっていくのかを考えてみるのは、おもしろいだろう」

「彼らはストレートで僕たちよりも速かったし、彼らの持つエンジンモードはレベルが違う。特に予選とレースで、そのモードを使うことができるんだ」

「僕たちにも絶対にやらなければいけないことがある。だけど、少なくとも良いバトルをしているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/18(火) 19:15
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事