ここから本文です

「Microsoft Edge」がLinux上で利用可能に?--RedditのAMAに開発チームが登場

6/18(火) 13:00配信

ZDNet Japan

 「Microsoft Edge」開発チームが米国時間6月14日、RedditのAMA(Ask Me Anything:質問受け付けます)スレッドに登場し、現時点でのさまざまな機能計画や、将来の展望について明らかにした。

 そのなかで最も興味深いのは、彼らがLinux向けEdgeのリリースに対して前向きな姿勢を示した点だ。こうした動きは、かつてであれば想像もできなかった。

 Edge開発チームは、「Linux向けバイナリーをビルドするうえでの技術的障壁は何もないため、是非とも今後検討していきたいと考えている」と述べた。

 そして同チームは「とは言うものの、『顧客が使える』状態(インストーラーやアップデーター、ユーザーによる同期機能、バグ対応体制などが整っている状態)となり、胸を張って提供できるようになるまでには、まだ多くの作業が必要であるため、その作業にコミットするという段階には至っていない」と続けた。

 同チームによると、「現在は、まず『Windows』の他のバージョン向け(そして『macOS』向け)Edgeの安定版を完成させたうえで、『Beta』チャンネルをリリースしようと全力を傾けている」という。

 次期Edgeのコードベースとなっている「Chromium」はLinux向けビルドをサポートしているものの、Microsoftが2018年にChromiumのさまざまな機能を外した際には、クロスプラットフォームでのビルドをサポートするというEdgeの機能に影響が出るのではないかとユーザーの間で懸念されていた。

 しかし今回のAMAでのコメントによって、4月にEdge開発者の1人が個人アカウントでツイートした内容の裏付けが得られた。

 このツイートがなされた際、同開発者はLinuxビルドの計画について公式に認めることができなかった。Microsoftは現時点でもLinux向けビルドにコミットしているわけではないが、Linux向けのEdgeをリリースするうえでの技術的な障壁はないという点が今回、明らかになった。

 現在のところは、EdgeチームがAMAで明らかにしたように、少しずつ前に進んでいくという段階だ。つまり開発者らの考えは、すべてのバージョンのWindows向けに安定版をリリースしたうえで、他のプラットフォーム向けを用意していきたいというものだ。

最終更新:6/21(金) 10:06
ZDNet Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事