ここから本文です

フェラーリの勝利を期待するピレリ最高責任者

6/19(水) 11:56配信

TopNews

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリの最高責任者が、2019年のF1タイヤはメルセデスが有利になるように設計されているのではないかとのうわさがささやかれる中、自分としてはフェラーリが勝つことを期待していると語った。

今回のうわさの口火を切ったのはレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコだった。マルコはピレリの2019年仕様タイヤに各チームが問題を抱える中、メルセデスだけはそれをうまく使いこなしているとし、それはメルセデスが自分たちの市販車の多くに標準タイヤとしてピレリを使っているためだと主張。

「残念ながら、我々の飲料の缶はタイヤと一緒に供給されないからね」とマルコは付け加えていた。

だが、フェラーリと同じイタリアに本拠を構えるピレリのマルコ・トロンケッティ・プロベラCEOは、イタリア放送協会『RAI』に対し、自分たちは実際のところフェラーリに勝って欲しいと思っているのだと次のように語った。

「フェラーリがF1で勝利することは誰にとってもいいことなんだ」

「競争力のあるフェラーリがいなければF1は訴求力を失ってしまう。私が中立であるべきことは分かっている。だが、フェラーリが勝利するようになればF1にはまったく違う原動力が生まれてくるんだ」

「そして、私もイタリア人だ。だからフェラーリの勝利は私にとっても大切なことなんだ」

そう語ったプロベラは、現F1チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェラーリに移籍することを期待していると認め、次のように続けた。

「ハミルトンは素晴らしいチャンピオンだし、どのチームも彼を欲しがっているはずだ」

「だが、私の見るところ、彼は非常に素晴らしいクルマを手にしているし、(メルセデスで)続けるためのすべての条件が整っている」

しかしプロベラは、前戦F1カナダGPではペナルティーを科されたことで優勝を逃してしまったセバスチャン・ベッテルに言及しながら、フェラーリも今後勢いを増してくるはずだと次のように語った。

「ベッテルがペナルティーを受けたとは言え、彼が競争力のあるフェラーリで素晴らしいレースをしたことに変わりはない」

「フェラーリが再び追い付いてきていると思っている。カナダでは勝利こそ失ったものの、マラネロ(フェラーリ)の生命力が強く示されていたよ」

最終更新:6/19(水) 11:56
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事