ここから本文です

製造機器が自動修正しながらパーツの品質を高めるAI機能搭載システム

6/19(水) 13:10配信

MONOist

 Markforgedは2019年6月3日、AI(人工知能)機能搭載システム「Blacksmith」を発表した。製造機器が自動的にプログラミングを調整し、各パーツを設計通りに製造する。発売は同年末を予定している。

 Blacksmithは、フィードバックの連続ループを作り、3Dプリントしたパーツの精度を高める。設計を分析して、スキャンした部品と比較。エンドツーエンドのプロセスを自動的に採用して仕様を満たすパーツを製造する。

 金属3Dプリンティングは、焼却工程においてパーツに収縮や歪みが発生する。Blacksmithはこの問題を解決し、焼結後に正確なパーツを提供する。

MONOist

最終更新:6/19(水) 13:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事