ここから本文です

〔山形県沖地震〕揺れの大きかった自治体で大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準引き下げ(6/19)

6/19(水) 3:30配信

レスキューナウニュース

気象庁は、きのう18日22:22頃に発生した山形県沖を震源とする地震で揺れの大きかった自治体を対象に、大雨警報・注意報と土砂災害警戒情報について、発表基準の引き下げを行うと発表しました。
今回の地震により揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる可能性が高いため、降雨時には崖崩れなどの土砂災害に警戒してください。

■大雨警報・注意報の発表基準が変更される地域
【通常基準の7割で運用する自治体】
・山形県 :鶴岡市
・新潟県 :村上市

■土砂災害警戒情報の発表基準が変更される地域
【通常基準の7割で運用する自治体】
・山形県 :鶴岡市南部
・新潟県 :村上市

【通常基準の8割で運用する自治体】
・山形県 :鶴岡市北部

◆用語解説「土砂災害警戒情報」
・大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。

レスキューナウ

最終更新:6/19(水) 3:30
レスキューナウニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事