ここから本文です

ピエール瀧へ「人生」説諭 電気グルーヴ前身名で裁判官“エール”

6/19(水) 5:59配信

デイリースポーツ

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪に問われた、テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の判決公判が18日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決が言い渡された。閉廷後に瀧被告はけじめのコメントを発表。裁判官からは、電気グルーヴの前身ユニット名でもある『人生』について5分にも及ぶ説諭で、仕事復帰へ“エール”を送られた。

 華やかな人生を歩みながらも地に落ちた人気者に、愛ある説教が浴びせられた。判決理由が述べられた後、黒スーツ姿の瀧被告に、証拠書類のファイルから1枚の写真が提示された。『人生』の2文字がしたためられた習字が写ったもので、自宅の部屋に貼ってあったとみられる。

 電気グルーヴ結成前に瀧被告は、現在もタッグを組む石野卓球(51)と「ZIN-SAY!」(人生)というユニットで活動していた。それを踏まえて裁判官は3つの質問を投げかけた。「これからの人生をどうしたいか」、「人生という言葉の意味をどう考えるか」、「人生と書いた人に応えられてますか」-。

 何度もうなずきながら聞き入った瀧被告が言葉を挟むことはなかったが、続けざまに裁判官は5日の初公判で見せた復帰への意欲をくみ取った。「いつか瀧さんが薬物というドーピングをしなくても、音楽、芝居でいいパフォーマンスをしてる、と社会が見てくれる日が来ることを切に願います」。法廷で再起を後押しされた瀧被告は、無言のまま深々と頭を下げた。

 閉廷後、取材に応じた担当弁護士は、専門施設での薬物治療を数カ月間続けると明言した。瀧被告は書面で改めて謝罪。「こんな自分でありながらも、励ましや応援の言葉を表明してくださった多くの皆様には心より感謝しております。二度とこのような事を起こさないよう戒めてまいります」と誓って、信頼を取り戻すための“第2の人生”へ踏み出した。

最終更新:6/19(水) 6:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事