ここから本文です

『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日をもってサービス終了へ。約12年の歴史に幕を下ろす

6/19(水) 15:52配信

ファミ通.com

『モンハン フロンティアZ』サービス終了へ
 カプコンは、2007年よりサービスの提供を開始した『モンスターハンター フロンティアZ』について、2019年12月18日をもってサービスを終了することを公式サイトにて発表した。

 理由としては、「今後も満足できるサービスを継続して提供することが困難であるという結論に至ったため」とのこと。公式サイトでは、プロデューサー・宮下輝樹氏、アシスタントプロデューサーの砂野元気氏からのコメントも公開された。

第525回 開発運営レポート「ハンターの皆様へ」

 なお、サービス終了までゲーム内イベントの更新は引き続き実施する予定。今後の主なスケジュールは以下の通り。
本日(2019年6月19日)サービス終了に関するお知らせ
随時期間型利用権の販売終了
2019年12月11日(水)10:00消費型利用権の販売終了
2019年12月18日(水)10:00サービス終了
2019年12月19日(木)14:00未使用残高の払戻し受付開始
2020年3月31日(火)14:00払戻し申出期間終了

 また、サービス終了に伴い、期間型利用権に関して本日(2019年6月19日)メンテナンス終了後より順次、購入できる最大日数が変更となり、最終的に販売を終了するほか、一部のイベントコードまたは利用クーポンを法令に従い、払戻しを行う。詳しくは以下のページを確認。
【重要】サービス終了に伴う各種サービスの提供スケジュール
【重要】サービス終了に伴うイベントコード・利用クーポンのお取り扱い

 7月には正式サービス開始から12周年を迎えることを記念したラストアニバーサリー施策の準備も行われており、“ハンターライフコース”と“エクストラコース”の無料プレゼントも行われる。

 サービスが終了してしまうのはさみしいが、残り約半年のあいだにもさまざまな企画が検討されているとのことなので、最後まで楽しめそうだ。

最終更新:6/19(水) 15:52
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事