ここから本文です

なにこのインパクト! 車の教習ビデオが普通じゃない 浜松市

6/19(水) 20:20配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

高齢ドライバーが起こす重大な交通事故が社会問題となっています。一方で若いドライバーの事故が多いのも現状です。一件でも事故を減らそうと浜松市の自動車学校で新しい取り組みが始められました。

【教習ビデオ】南福岡自動車学校のDON!DON!・ドライブ http://foresthuntingone.com/works/dondora.html


今年4月東京・池袋や神戸市で起きた死亡事故、高齢ドライバーがハンドルを握る車やバスが起こす事故が相次ぎました。

高齢者の重大な事故が目立つ一方で、若い世代の事故も深刻です。

去年、起きた事故を年代別にみると20代が起こしたのは5395件。車を持っていない大学生や働き始めたばかり人もいながら、20代は30代~50代よりも多くなっています。

そうした中、浜松市の自動車学校が若者の事故への対策に乗り出しました。

若山悠介記者 「こちらの自動車学校では交通ルールの意識を高めるために楽しさを取り入れた教習を行っています。いったいどんな教習なんでしょうか」

【テレビ番組風のスタジオに司会者と解答者たち】
司会者 「本日のテーマは歩行者から車への『うわっ!』でございます」
(少女マンガ風の映像が流れ・・・)
少女 「スピードを緩めずにやって来た車が私の横を通ったその時・・・キャアアーー!」
解答者 (ボタンを押すと音が鳴る)「うわっ」「うわっ」「うわっ」

上池自動車学校が取り入れたのは「DON!DON!・ドライブ」。
テレビ番組形式で交通ルールを学ぶ教材です。

【モテるドライビングテクニックの企画】
運転する彼氏 (交差点で大回りで曲る) 「これが俺の『左折』だよね?」
助手席の彼女 「ステキ~」
司会者 「全然ダメピー!これはモテなくね?」


教習生 「堅苦しいものではないので映像があることによって、寝ることなく真面目に受けれると思います」
別の教習生 「今までの授業とは違うと思って新しさを感じました。福岡の自動車学校が製作会社と協力して作り、全国60の自動車学校が導入しています」

これまで教本がメインの教習でしたが、映像の中で交通ルールを学べるため教習中集中力が散漫になる生徒が減ったといいます。

北川順校長 「自分から画面に飛び込んで体験参加型で交通法規はもちろん一番ドライバーに大事な人命尊重、譲り合いの精神、順法精神、思いやりの心をしっかり身に着けて交通社会に出て行ってほしい。それが願いです」

事故を少しでも減らしたい。楽しみながらも集中して交通ルールを学んでもらいたい。映像の教材がしっかりマナーを守るドライバー育成の一助になることが期待されます。

テレビ静岡

最終更新:6/19(水) 21:06
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事