ここから本文です

【Windows 10】コマンドプロンプトからPython環境を一発でインストールする

6/19(水) 6:00配信

@IT

 人工知能(AI)開発で広く使われていることからプログラミング言語の「Python(パイソン)」の人気が高まっているようだ。Pythonがどのようなプログラミング言語なのかについては、Python入門「Pythonってどんな言語なの?」を参照してほしい。

【画像:コマンドプロンプトで「Python」を実行】

 最近は人工知能に力を入れているMicrosoftも、その人気にあやかってか、最新の機能アップデートであるWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)で、Pythonを簡単にインストールする機能を追加した。インストールパッケージをダウンロードしてインストールするよりも手軽ではあるものの、幾つか制限もあるので注意点についてもまとめてみた。

Pythonをインストールする方法

 一般にPythonをインストールする場合、Webブラウザで以下のPython Software Foundationのダウンロードページを開き、目的のバージョンのインストールパッケージをダウンロードし、インストールを行う。この際、PythonをPC上の「全ユーザー(for all users)」から利用可能にするのか、インストールしたユーザーのみにするのかの選択が行える。

・Download the latest version for Windows(Python Software Foundation)

May 2019 UpdateでPythonを手軽にインストールする方法

 通常のアプリケーションをインストールするのと同様で、それほど面倒というわけではないが、May 2019 Updateではさらに手軽になっている。

 コマンドプロンプトやPowerShellを開き、「python」と入力すると、すでにPythonがインストールされている場合はPythonのプロンプトに切り替わる。一方、インストールされていない場合はMicrosoft Storeが起動し、Python 3.7(原稿執筆時点)の入手画面が開く。

 インストールしたい場合は、この画面で[入手]ボタンをクリックすると、インストールパッケージのダウンロードならびにインストールが行われる。なお、インストールに際して、管理者権限は必要なく、標準ユーザーであっても構わない。

 通常のPythonのインストールと同様、IDLE(統合開発環境)やpip(パッケージ管理システム)も同時にインストールされる。

 この仕組みは簡単で、May 2019 Updateでは「python.exe」というMicrosoft StoreのPython 3.7配布ページを開く専用コマンドがプリインストールされているのだ。そのためコマンドプロンプトで「python」と入力して、[Enter]キーを押すと、以下のコマンドが実行され、Microsoft Storeが起動し、Python 3.7の画面が表示されるようになっている。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\python.exe

Microsoft Storeを起動するPythonコマンド

 Pythonのインストール後、「python」と入力・実行すると、プログラミング言語の方の「python」が起動されるようになる。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 6:00
@IT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事