ここから本文です

創薬に本格参入するNEC、がんの先進的免疫治療に特化

6/19(水) 9:10配信

MONOist

 NECは2019年5月27日、同社のAI(人工知能)技術群「NEC the WISE」を活用し、がんなどの先進的免疫治療法に特化した創薬事業に参入すると発表した。その第1弾として、Transgene SAと共同で、頭頚部がんや卵巣がん向けの個別ネオアンチゲンワクチンの臨床試験を開始する。

 がん治療のワクチン開発では、患者ごとに特異的なネオアンチゲンの選定が鍵となる。この選定にNECが開発した「グラフベース関係性学習」を活用したネオアンチゲン予測システムを活用する。

 同システムは、同社が独自に蓄積してきたMHC(主要組織適合性複合体)結合活性の実験データによる学習と、ネオアンチゲンの多面的な項目を総合的に評価する。これにより、それぞれの患者が持つ多数の候補の中から有望なネオアンチゲンを選定できるようになる。

 アメリカの食品医薬品局(FDA)からは既に治験実施の許可を得ており、イギリスとフランスでも申請中だ。今回の治験薬はNECとTransgene SAが共同開発する。

 NECは今後、最先端のAI技術を創薬分野に活用して、安全で効果の高い先進的免疫治療法の開発を進める。2025年には創薬事業の事業価値を3000億円まで高めることを目指す。

MONOist

最終更新:6/19(水) 9:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事