ここから本文です

ダニール・クビアト、F1で初のポール・リカールに「早くコースを走りたい!」

6/19(水) 16:05配信

motorsport.com 日本版

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、F1フランスGPに向けた意気込みを語った。

【動画】次世代WECマシンの基礎。トヨタGRスーパースポーツ、富士でテスト実施

 今季トロロッソからF1に復帰したクビアトにとって、今回のフランスGPが、F1マシンでポール・リカールを走る初めての機会となる。

「ポール・リカール・サーキットで、F1マシンを初めて走らせるのを楽しみにしている」

 クビアトはチームのプレスリリースにそう語った。

「僕らのパフォーマンスは、前戦モントリオール(カナダGP)よりも良いかもしれないと感じている。カナダは、僕らが最も競争力を発揮できるコースではなかった。だから長期的な見方をしていたし、スマートにレースをまとめあげる必要があった。ポイント圏内にとどまるために、僕らは大変な戦いをした。そしてそれをまとめ上げることができたんだ」

「(カナダGPの)最終ラップで、マクラーレンをオーバーテイクするために本当にプッシュしていた。そしてマシンから全てを絞り出したんだ。ヨーロッパに戻って、非常に忙しいスケジュールが始まる。そんな中、たった1ポイントだけで、チームの自信を高めることができた」

 クビアトがポール・リカールでレースするのは、2011年以来だという。

「僕は以前にもポール・リカールでレースをしたことがある。でも、ずっと前の話……2011年のフォーミュラ・ルノー・ユーロカップでのことだ。ひとつのレースでは2位になり、もうひとつのレースでは3位になった。当時のサーキットレイアウトは、今週末とほぼ同じだと思う。ひとつのコーナーだけは違うけどね……」

「でも、当時のサーキットのことはよく覚えていないし、フォーミュラ・ルノーのマシンはF1マシンとは大きく違うんだ。もちろんシミュレータで練習したけど、金曜日に早くコースに出たい。そして、できるだけ早くコースを学びたいと思っている」

 ポール・リカールにも長い直線が存在するが、ストレートスピードはそれほど重要ではないとクビアトは語る。

「ポール・リカールは高速コースだ。でもカナダほど、直線スピードは重要にはならないだろう。しかし、高速コーナーもたくさんあるし、テクニカルなセクションもある。だから、パッケージをサーキットに合わせて、最適化しなきゃいけないんだ。そして、最近のレースでもそうしたように、そのパッケージを最大限に活用したいと思う」

最終更新:6/19(水) 16:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ