ここから本文です

「毎日岩を押し続ける」――セキュリティの一線で活躍するエンジニアが示す道筋(キンダーバーグ氏インタビュー後編)

6/19(水) 7:00配信

@IT

 世界で活躍するエンジニアの先輩たちにお話を伺う「GoGlobal!」シリーズ。前回に引き続き「ゼロトラスト」コンセプトの発案者であるJohn Kindervag(ジョン・キンダーバーグ)氏にお話を伺う。ジョン氏がこれからのエンジニアに期待することとは――。

「サイバーセキュリティはお勧めだよ」と語るキンダーバーグ氏

ITエンジニアはITしか見ていないことがある

キンダーバーグ氏 現在ITは、ビジネスを左右する要素と言ってよいでしょう。ですから「ITの連中は分からず屋だ」などと言っている場合ではないのです(笑)。とはいえ、実際私たちITエンジニアも足りない部分があります。多くの場合、ビジネスの相談に対してITエンジニアは「それはできない」とすぐに答えてしまいます。ITはNoと同義語だと思われています(笑)。

 例えば、水道屋さんがあなたの家を設計するとします。水道屋さんから見れば、風呂場は温水器の隣がいいのでそのように設計します。出来上がったのは「玄関を開けたらすぐ風呂場」という家です。これはITエンジニアがやっていることと同じです。私たちは単に水道管を走らせてはいけないのです。

阿部川 ITエンジニアはそういったエンドユーザーの観点、ビジネスへの影響も考える必要があるということですね。

従来型サイバーセキュリティからの脱却が必要

阿部川 そんな中、東京では2020年にオリンピックパラリンピックが開催され、それに向けてエンジニアが20万人足りないという試算もあります。それほど多くのエンジニア不足にどのように対応すればいいのでしょうか。

キンダーバーグ氏 オリンピック開催時までということであれば難しいと思います。米国でもエンジニア不足は深刻で、数百万人という単位でエンジニアが不足していますが、解消するためには他の国々から応援に来てもらわないといけません。ですから世界中のエンジニアの助けを借りるしかないでしょう。

 このような大きなイベントに共通する悩みは「従来型のサイバーセキュリティのモデルは、これからも通用するのか」ということです。私はこのままではダメだと思います。従来型のモデルでは、何かが起こったときに復旧させるプログラムや法律、規制が不足しています。

 法律や規制を作っている人の多くは、いわゆる旧世代の人たちで、コンピュータやITといった分野の知識をあまり持ち合わせていません。ですが今後、そのような年代の人が引退して、新しい世代の人々が社会を担うようになれば、デジタルネイティブ(生まれたときからコンピュータが身近にあった世代)が主役です。彼らは私たちとは全く違うものの見方ができるのです。彼らが法制度や規則を決めるようになれば、より現実に即した制度となっていくでしょう。

阿部川 日本の政府のサイバーセキュリティ担当大臣は、PCを使ったことがなかったというニュースもあります。

キンダーバーグ氏 はい、知っていますが、コメントは控えさせてください(笑)。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 7:00
@IT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事