ここから本文です

「人とパケットは違う」――セキュリティの一線で活躍するエンジニアが語る「本当の信頼」とは(キンダーバーグ氏インタビュー前編)

6/19(水) 7:00配信

@IT

 世界で活躍するエンジニアの先輩たちにお話を伺う「GoGlobal!」シリーズ。今回は、「ゼロトラスト」のコンセプト発案者であるJohn Kindervag(ジョン・キンダーバーグ)氏にご登場いただく。「エンジニアになったのは自然な流れ」と語る同氏は、情報漏えいなどのセキュリティ事件は「人とパケットの信頼を混同している」ためだと分析する。ジョン氏が考える「本当の信頼」とは何なのか。

阿部川“Go”久広

コンピュータとの出会いはクレイ社のメインフレーム

阿部川“Go”久広(以降、阿部川) キンダーバーグさんのご出身はどちらですか。

キンダーバーグ氏 米国ワイオミング州のキャスパーですが、父がラジオ放送局関連の仕事をしていましたので頻繁に引っ越しました。10代のころはネブラスカ州で育ちました。そこで農場を家族経営していました。

 人はよく、IT業界の仕事がきついと文句を言いますが、全くそうは思いません。「毎日5時に起きて子牛の世話をする」なんてことはありませんから(笑)

阿部川 学生のときはどんなことをなさっていましたか。

キンダーバーグ氏 アイオワ大学と、ネブラスカ大学の2つの大学に在籍していました。そこではコミュニケーションやフィルム、ビデオなどの技術を学びました。卒業後しばらくは放送業界で、テレビ放送のディレクターや、ビデオエンジニアの仕事をしていました。

阿部川 コンピュータに興味を持ち始めたのはどんなきっかけでしたか。

 確か84年か85年のことだったかと思いますが、とても大掛かりなアニメーションのプロジェクトがあり、ロサンゼルスに行きました。そこで初めて、クレイ社のスーパーコンピュータに出会いました。今考えるとあれがコンピュータに興味を持つ最初のきっかけだったと思います。

阿部川 キンダーバーグさんにとって最初のコンピュータはクレイ社のものだったのですね。

キンダーバーグ氏 いやいや、あんな高価なものではありません(笑)。そういう意味では、私の最初のコンピュータは「KAYPRO」でした。覚えていますか? 「持ち歩ける」というのがキャッチフレーズで、アタッシェケースぐらいの大きさでした。



阿部川 ありましたね(笑)きっとキンダーバーグさんと私は世代が近いですね。

1/4ページ

最終更新:6/19(水) 7:00
@IT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事