ここから本文です

キセキ、宝塚記念最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

6/19(水) 12:30配信

netkeiba.com

 宝塚記念(6月23日・阪神芝2200m)のファン投票では3位だったが、netkeiba.comの予想オッズでは1番人気(19日11時現在)の支持を受けているキセキ(栗東・角居勝彦厩舎)。今朝はそのレースに向けた最終追い切りを行っている。

 CWコースで単走というのはいつもと同じ。馬場へ入る時間帯も先週と同じだが、今週は追い切っている馬がいなかったこともあり、本当にスムーズにキャンターに入って、1コーナーから2コーナーという流れ。

 先週までは向正面から3コーナーの地点で「さあ、行くぞ」的なスピードの変化があったが、今朝はそこまで分かりやすい加速ではない。これは良い意味で、本当にスピードが乗っているということだろう。4コーナーから直線に向く時もしっかりスピードが乗っているので、最後の直線は速くなりすぎないように、騎乗した清山宏明調教助手が手綱を抑えるくらいだった。

 それでも時計は6F86.8~5F67.6~4F52.4~3F38.2~1F11.9秒。個人的に想定していた通りの数字だったし、ゴールを過ぎてからもスピードに乗せたまま、軽く負荷をかける感じだった。

 昨年8着時とは全く違う状態であることは言うまでもないが、大阪杯に引き続き、今回もこの馬が主導権を握ってレースを盛り上げてくれる。そんなグランプリになりそうだ。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:6/19(水) 12:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事