ここから本文です

ジェシカ・チャステイン「X-MEN」の超豪華セットに興奮!インタビュー映像公開

6/19(水) 19:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズ最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」で初のビラン(悪役)である“謎の女”を演じたジェシカ・チャステインのインタビュー映像が公開された。

【動画】ジェシカ・チャステインのインタビュー映像

 シリーズ最終章となる本作は、人類初のミュータント、アポカリプスとの壮絶な戦いを描いた前作「X-MEN:アポカリプス」から10年後が舞台。宇宙での任務中に起きた事故によってジーン(ソフィー・ターナー)のダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格ダーク・フェニックスを解き放ってしまう。チャステインは、ダーク・フェニックスの強大なパワーを狙う“謎の女”を演じた。

 「ゼロ・ダーク・サーティ」「IT イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」などに出演するチャステインは、本作でアメコミ映画に初参加。「映画製作の世界の中では特に規模が大きい作品よ」と撮影を振り返り、「撮影装置や機材は初めて見るものばかりで、特殊なクレーンでカメラの動きも斬新だった。それを生で見られて興奮したわ。後ろにある地下鉄は壁を突き抜けている! こんなの初めて見たわ」と驚きを明かす。

 さらに、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の大ファンだというチャステインは、同シリーズに出演し、本作でジーンを演じたターナーとの初共演も楽しんだ様子。「今回の役が大きなチャンスだと理解していて、飛躍の時を迎えている。不安を感じている様子も、準備不足な様子も全くない」とターナーの資質を高く評価し、「すばらしい女優だから、今後のキャリアが楽しみだわ」とさらなる活躍に期待を寄せた。

 「X-MEN:ダーク・フェニックス」は、6月21日から全国で公開。

最終更新:6/20(木) 8:58
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事