ここから本文です

新多用途ヘリコプター、スバル=ベル412EPX を世界初受注、警察庁から…パリ航空ショー2019

6/19(水) 15:45配信

レスポンス

SUBARU(スバル)と米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社は、フランスのル・ブルジェ空港で開催中のパリ国際航空ショーにて、日本の警察庁からスバル=ベル『412EPX』1機を受注したと発表した。

[関連写真]

これは2019年3月にスバルが落札したもので、スバル=ベル412EPXとしては世界初受注。2021年3月に警察庁へ納入後、岩手県警察に配備される予定。両社は今後も協力して同モデルの販売に取り組んでいく。

スバル=ベル412EPXは、高い信頼性を誇り、日本をはじめ世界各地で活躍している中型双発ヘリコプター、ベル「412シリーズ」の最新型。

スバルが独自開発したレーザーピーニング技術によるメインローターギアボックスの強化をはじめ、ドライラン能力(トランスミッション内の潤滑油が抜けた状態でも飛行可能な能力)の向上、最大全備重量の1万2200Lbs(約5500kg)までの増加、マストトルク出力向上11%(飛行速度60ノット=約111km/h以下で)等の性能改良により、輸送能力と運航効率の向上を実現する。

陸上自衛隊の新多用途ヘリコプターの開発プラットフォームとなるモデルでもあり、スバルは2019年2月に新多用途ヘリコプターの試作機を防衛省に納入している。

《レスポンス 丹羽圭@DAYS》

最終更新:6/19(水) 15:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事