ここから本文です

「LOST」のエヴァンジェリン・リリー、児童書作家、女優としての自分を語る

6/19(水) 23:02配信

シネマトゥデイ

 テレビシリーズ「LOST」、映画『アントマン』シリーズなどでお馴染みの女優エヴァンジェリン・リリーが、自身が手がけた児童書「The Squickerwonkers」シリーズと出演した過去作品について、6月4日(現地時間)、ニューヨークのセフォラで行われた特別イベントで語った。

【ギャラリー】『アベンジャーズ/エンドゲーム』32名の生死がわかるポスター

 エヴァンジェリンの児童書は、賢いが甘やかされて育った少女セルマが、ある日「The Squickerwonkers」と呼ばれるカラフルな操り人形と出くわし、彼らが行うパフォーマンス「Squickershow」を通して、必ずしも自分が望むことが手に入るわけではないということを教わるというもの。

 子供の頃から、詩など書いていたと語るエヴァンジェリンは、テレビシリーズ「LOST」を撮影しているときは、とても不満だったと語る。「おそらく多くの人は、『人々に愛された番組なのに、なんて酷いことを言うの?』と思うかもしれないけれど、自分の人生の糧となるはずだったアート(芸術)をやれていなかったからなの。何が自分を幸せにしてくれるのか? と考えたとき、それは児童書を書くことだった」と明かし、「LOST」の第4シーズンから、児童書作家になるために書く時間を作り始めたそうだ。

 映画『ホビット』シリーズに出演した際に、同シリーズでメガホンを取っていたピーター・ジャクソンと出会う。彼の周りには、いつもクリエイティブな仲間がいて、彼らに刺激されて、今こそ本格的に執筆すべきだと思ったらしい。そして、その頃にようやく、それまで書いていたものを人に見せることができるようにもなったそうだ。完成したこの児童書を自身の子どもに見せた時のことを、彼女はこのように語った。「わたしの8歳の息子は、マーベルの世界にどっぷりハマっていて、わたしが『アントマン』に出演していることを、とてもクールだと思ってくれているわ。そんな彼だから、この児童書は彼に適していないと思っていたけれど、子どもの目線で人生の知恵を教えていることを、とても気に入ってくれたわ」と感謝した。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 23:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ