ここから本文です

朝乃山に「ブリ並み」近大マグロ贈呈 7000人の歓迎受け母校で凱旋パレード

6/19(水) 8:30配信

デイリースポーツ

 大相撲夏場所で初優勝した幕内朝乃山(25)=高砂=が18日、大阪府東大阪市の母校近大で凱旋パレードに臨んだ。師匠の高砂親方(元大関朝潮)とともにオープンカーに乗り、7000人の歓迎を受けた。セレモニーでは「近大マグロ」を贈呈され、名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)での活躍を誓った。

 まん丸に太ったマグロを目の前にして、朝乃山の顔は緩みっ放しだった。「刺し身にして食べたい。あとは焼いたり、いろんな料理にして食べたい」。母校から贈られた優勝のご褒美は、今や全国区の近大名物だった。

 鹿児島県にある近大水産研究所・奄美実験場で育った3年もので、体長136・9センチ、体重46キロ。値段は約30万円で、刺し身にすれば400人前に相当する。名古屋場所の部屋宿舎に届けられ、みんなで平らげる予定だ。

 富山出身だけに、ブリとともに育ってきた。もっとも、マグロもよく食べていたといい「近大マグロはブリ並みに大きかった。これで頑張ろうかな、という気持ちになった」と、暑い名古屋を乗り切るパワーにする。

 マグロに触発され、高砂親方の舌も滑らかだった。母校の空気を吸い「今や近畿大学というよりマグロ大学。マグロ大学から出た小さなマグロが5月場所で初めて優勝した。近大のマグロに負けないように、もっと大きく成長させたい」と、まな弟子のさらなる飛躍を約束した。

 7000人に祝福され「想像以上に人が多くてびっくりした。厳しい場所なるが、自信を持ち、自分の相撲を取りきり、勝ち越しを目指して頑張る」と、謙虚な目標を掲げた令和の星。これ以上ない母校からの“懸賞”を手にし、名古屋へと乗り込む。

最終更新:6/19(水) 8:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ