ここから本文です

【JRA】アルアイン池江師「阪神は4戦3勝。合うコースだと感じています」/宝塚記念共同会見

6/19(水) 21:12配信

netkeiba.com

■アルアインを管理する池江泰寿調教師

――今朝の最終追い切りの指示、手ごたえ、感触を教えてください
池江 坂路コースで単走で行いました。先週、先々週と併せ馬でしっかりと負荷をかけたので、今週は単走で微調整というか、息を整える調整をしました。きびきびしていましたし、いい頃の走りだと思います。

――大阪杯は見事なレースでした。
池江 展開も読みやすかったですし、内が空くんじゃないかというのもありましたので。作戦がうまく嵌ったのもありますし、馬の状態もよかった。すべてがいい方向にかみ合ったという感じでしたね。

――今回は大阪杯と同じくらいの状態でいけるのでしょうか?
池江 そうですね。同じくらいか、もしくはそれ以上の状態に仕上がったと思います。

――今回もGIですね。
池江 そうですね。またいろんな幸運が重なり合えば、可能性はあるんじゃないかと思っています。

――今回はダービー馬も菊花賞馬も出てきます。
池江 相手は強いメンバーがそろいましたね。厳しい戦いになるんじゃないかな、と思っています。

――阪神コースは相性がいいですね?
池江 そうですね。4戦3勝。合うコースだと感じています。あまり広いコースとか、東京のような直線が長いコースよりは、小回りでコーナー4つあるようなコースがいいですね。中山でも皐月賞を勝っているように脚質的には合うんじゃないかと思っています。

――現在の段階でのレースプランは?
池江 枠順にもよると思うんですが、ある程度前にポジションをつける馬だというのはわかっていますし、前をいく有力馬につかず離れずの感じでいければいいかな、と思っています。

――枠順の希望は?
池江 極端な内は避けたいですけれども、内目から真ん中らへんならいいんじゃないかと思いますけれどもね。

――週末は下り坂の予報ですが?
池江 若いときよりはだいぶ幅も出て筋肉量が増えています。ある程度は緩い馬場もこなせるようになりましたし、実際大阪杯もそのような馬場をこなしました。あまり降水量が多くならなければいいな、とは思っています。

――前走はブリンカーをつけていますね。
池江 はい、その効果もあったと思います。ただ、ブリンカーは勝った要因のひとつで、いろんなものが複合的にあわさって出た結果だと思います。

――今回はグランプリ。池江先生のとってのグランプリとは?
池江 私も幼いころから宝塚記念のファン投票のハガキに馬名を書いて送っていました。本当にファンの皆さんがつくるレースだと感じています。なんとかそのレースでファンの皆さんに喜んでもらえるような走りができればと思っています。

――自らハガキを書いていたんですか?!
池江 そうですね。トレセンの事務所にハガキを取りに行って、好きな馬の名前を書いたり、父(池江泰郎元調教師)の厩舎の馬の名前をね、オープン馬じゃないのに書いて出したりしていました(笑)。

――そして、調教師としてもオルフェーヴルやドリームジャーニーで制しています。グランプリに強い調教師というイメージがありますが?
池江 たまたまそういう強い馬がいただけでね。幸せな調教師かな、と感じています。

――アルアインにもたくさんのファンがいます。ファンの皆さんへメッセージを。
池江 まずはたくさん投票をいただきまして、本当に御礼申し上げます。そして、当日は馬を仕上げて皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:6/19(水) 21:49
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事