ここから本文です

【メルセデスベンツ GLE 新型】上野社長「本当にユーティリティにフォーカスした1台」

6/19(水) 20:00配信

レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は6月19日、全面改良した『GLE』の注文受付を開始した。3列目シートを初採用したことなどが特徴。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日開いた発表会で「本当にユーティリティにフォーカスした1台になっていると思う」と述べた。

[関連写真]

日本市場に導入される新型GLEは、3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンに電気モーターISGおよび48V電気システムを組み合わせた「GLE450 4MATIC」、3リットル直列6気筒ディーゼルターボエンジン搭載の「GLE400d 4MATIC」、および初設定となる2リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載の「GLE300d 4MATIC」の3タイプ。価格は940万~1132万円で、全タイプとも3列シート仕様となっている。

上野社長は「日本のお客様はシートの数にこだわるところもある」と指摘した上で、「やはり5人より7人ということで、日本では新たに7人乗りを標準装備として導入する」と説明。さらに「3列目のユーティリティは限られてくる」としながらも、「ショートドライブでは使い勝手は良い。また3列目を使用しない時はフルにトランクスペースが保てる。そういう意味では家族や両親、お子さんの友達も含めて乗車が可能になってくるということで、本当にユーティリティにフォーカスした1台になっていると思う」と強調した。

新型GLEのターゲットユーザーに関しては「SUVの特徴でもあるアイポイントが高いことによって、女性の方でも簡単に運転できる。お父さんとお母さんが交代でも運転できるようにということで、かなり洗練されたクルマに仕上がっていると思うので、多くの方々に興味を持って頂いて、試乗して頂きたい。特定の人たちに乗って欲しいというよりも、お客様の層が広がる車種になってくると思う」と述べた。

さらに「もともと初代の『Mクラス』からセダン系からの乗り換えがうまくできていた。今のメルセデスのオーナーの方、または他のSUVのオーナーの方に気軽にシフトして頂ける」とも付け加えた。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:6/19(水) 20:57
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事