ここから本文です

和田アキ子、「アキコ」と書かれたら二度と一緒に仕事をしない?

6/19(水) 14:30配信

デイリースポーツ

 歌手の和田アキ子が18日深夜放送のテレビ東京系「巷の噺」に出演。「アキコ」と表記されると、二度とそこの仕事はやりたくない」と名前の表記といった基本的なことを大切にしていることを明かした。

【写真】和田アキ子 ボイメン研究生と雄叫び

 和田は「中居君が解散といったときに、頑張ってほしいと思って、手紙を書いたの。『中居君、頑張ってね』って。でも気づいたら、『居』じゃなくて『井』と書いてしまって」とケアレスミス。だが電話番号がわからなかったため、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で中居と共演している鶴瓶に「中居君に謝って!申し訳ない」と、謝罪を依頼したという。

 日頃から名前を大切にしている和田。「『和田アキ子』ってアキがカタカナ、子が漢字。だけど全部『アキコ』と全部カタカナだと、二度とそこの仕事はやりたくない。人の名前を間違うなんて何事だ!、とそれくらい思っている」と吐露。そのため中居の名前を間違えたときは「ものすごい焦って、『謝らないと!』と思って」と振り返っていた。

 後日、中居と会った和田は「ごめんね。鶴瓶が謝ったでしょ?」と直接謝罪。ところが「何すか?」と話が見えてない様子。「あなたの『居』を『井』と間違えて」と謝ると、「いいですよ」と謝罪に恐縮していたという。だが「鶴瓶は電話してないの」と再度尋ねても「ないです」と即答された。

 そこで和田が「お前、どないなってんねん」と鶴瓶に確認。すると「中居に『居』を『井』に変えさせます。勘弁してください」とまさかの返答。これに和田が「ホンマに変えさせるんやな」とすごむと「勘弁してください」と平身低頭謝ったという。

最終更新:6/19(水) 18:43
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事